『痛風二十二年物語』 二十話

  • 2015.06.12 Friday
  • 18:08
JUGEMテーマ:こころ
 

『痛風二十二年物語』二十話

晴れ渡る山の稜線に立たせて

 

4/15(水曜日) 

入院7日目を迎えた。

前日、胸部に探触子を押し当て、

いろいろな方向から心臓を観察する、

心エコー検査を行った。

3040分間、かなりきつい検査だった。

この日、H先生が言うことに、

これで一通りの検査を終えたようだ。

処方する薬も決まり、これを服用することで、

身体全体の痛みも徐々に和らぐようだ。

H先生は、私の面倒をよく見てくれた。

忙しい外来診察が始まる前、また終えた4時ごろ、

来てくれた。

 

「小林さんどうですか・・・。」

「はい、身体の痛みがかなりとれてきました」

「そう、ずいぶん楽になったみたいね・・・」

家内がつづけた。

「そうですか。」「熱も平温に戻ったようですね・・・」

カルテを見ながら、彼は 頷いた。

昨日の検査結果がでましたが・・・こちらの方も

特に問題はなかったです。」

総合的には、肝機能が少々弱っていますが、

しばらくは、処方した薬を飲んでもらって、
様子を見ましょう。」

「はい!分かりました。」

「先生どうもありがとうございました。」

家内が応えた。

 

H先生の白い背中を見送ると、家内と顔を見合わせた。

「良かったわね。」

「ああ、良かった。」

「一つ二つ、悪いところが見つかると思っていたしな・・・」

「・・・・・」

家内の顔に、安堵の表情が浮かんだ

私も、そんな顔をしていたろう。

 

そもそも、入院を決意したのは、

家で養生する限界を超えていたこと、

家内にも子供達にもこれ以上 心配かけたくなかったし、

私自身、病患の一つぐらい、あるのではないか・・・。

そんな考えからだった。

今日、H先生の話しは、

私たち二人を、

久しぶりに、
“晴れ渡る山の稜線に立たせてくれていた”  

 

― 続きは今度。よかったらまた読んで下さい。―

  

どんどん 歩けるように なるから ・・・ サア!

 ハンデ ウォーキングを スタート しよ う !

http://ameblo.jp/22nen-story/

http://a-b-c-blog.jugem.jp/

                い い 汗 か い て る よ


 

 

スポンサーサイト

  • 2019.01.06 Sunday
  • 18:08
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    profile

    links

    「アンダンテ」で ウオーキング を スタート!

    「 ドクター アッシー 」 で ウォーキング を スタート!

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM