『 痛風二十二年物語 』 十一話

  • 2014.05.31 Saturday
  • 22:18

『痛風二十二年物語』十一話

ムーンフェイス( 満月様顔貌 )の訳”


4/1(
火曜日)

整形の○○医師の診察がはじまった。

幾つか私に問診しながら、私の両肩、両ひじ、両膝等、

尿酸の新たな溜りこぶを触診し、最もひどい両足先の幹部の治療が始まった。

治療は所詮、私でも分かる程度のことで、結局全体を消毒したあと、

白い軟膏を塗ったシップをあて、包帯を軽く巻く程度のものだった。

その後、看護婦が「小林さんお熱を計りましょう」と、

私の脇へ体温計を巧みに差し込んだ。

顔も赤く熱がありそうに見えたのだろうか?。

それは、私の顔が「ムーンフェイス」だったからだ。

実は、私が以前から服用していた“痛み止め”特効薬は、痛風を改善する薬ではなく、

痛さを和らげるための、“ステロイド”系の鎮痛剤だったんだよ。

会社勤めの頃から、痛くなるとこれを飲んでごまかしごまかし来ていた。

この影響で私の顔のほほは、たまにほんのりピンク色となって、

軽くむくんでいたんだ。

これがこの数カ月続くようになったのは、ほとんど毎日薬を欠かすことが

出来なくなってしまったからだよ。


― 続きは今度。よかったらまた読んで下さい。―



      どんどん 歩けるように なるから      

ハンデ ウォーキングを スタート しよ う !

   http://ameblo.jp/22nen-story/

 
   い い 汗 か い て る よ 

    あの日のゲレンデ

                 あの日のゲレンデ


 

 

スポンサーサイト

  • 2019.01.06 Sunday
  • 22:18
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    links

    「アンダンテ」で ウオーキング を スタート!

    「 ドクター アッシー 」 で ウォーキング を スタート!

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM