『 痛風二十二年物語 』 八話

  • 2014.04.23 Wednesday
  • 02:15
『痛風二十二年物語』八話

 ”満開の花形を天に向けて” 


2/ 6 (
木曜日)

今回、私なりに心の拠りどころを見つけたんだよ。
ショックだったからね。

良かったら、読んで下さい。

桜の木の寿命は人間の寿命に近いと言われる。ご存知の通りだ。

しかし、桜の木の寿命は人間が決めているようだ。

公園の傾斜地にある、樹齢七十年の桜。

倒木の恐れがあるとして伐採された。

樹木医は木の芯が腐っていると・・・診断?

もしも、もしもが怖いのか。ほかの方法もあったはず。

三十路ほどの女性樹木医だった。

六十年間、見てきた私にそうは見えなかった。

今春、その満開の花を付けることなく、伐採された。

六十年間私を見降ろし、私が語りかけるまでに大きくなった桜の木。

七十年以上かけて成長した桜の木は、たったの二日間で、
チェーンソウの騒音とともにその姿を消した。

二度と戻ることの無いその姿を決して忘れることはない。

斜面に切り株が寂しく残った。写真に納めた。

その大きな切り株は、黄色い顔をのぞかせていた。
年輪は、チェーンソウの歯で擦り切られ分からなかった。

その黄色い顔を眺めていたら、だんだん嬉しくなった。

あらわになったその顔が、なんと ”五枚の花弁の形 ”をして、

大きな ”満開の花形を天に向けて”咲かせていたんだよ。

ああ・・我が桜の木。ありがとう・・・。


― 続きは今度。よかったらまた読んで下さい。―

切り株はね・・・満開の花をさかせて・・・ 
 大きな 満開の花形を天に向けて・・・咲いた 

スポンサーサイト

  • 2019.01.06 Sunday
  • 02:15
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    links

    「アンダンテ」で ウオーキング を スタート!

    「 ドクター アッシー 」 で ウォーキング を スタート!

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM