『痛風二十二年物語』二十六話 “二十二年前の回顧その2”

  • 2017.01.13 Friday
  • 16:59

『痛風二十二年物語』二十六話

“二十二年前の回顧その2”あめ

JUGEMテーマ:こころ

我が家が長年お世話になっている、

青木町の大先生の診断は、やはり痛風だった。

採血した血の検査結果は、五日後だったが、ほぼ間違えないようだった。

その日、痛みをとるための錠剤と湿布薬を処方してくれた。

錠剤は、ステロイド系の鎮痛剤だった。

痛みが治まったらこれを止め、痛風の治療に切り替えるとのことだった。

そしてこの日から、この錠剤と細く長い付き合いが、

始まるとは 知るはずもなかった。

 

発作から三日後、私は会社の喫煙場所にいった。

多少むくみと痛みがあるため、社内ではスリッパを履いていた。

同僚との話題は、もっぱら痛風だった。

発作の日の事を、自慢げに話している自分が可笑しかった。

「それで、もう痛くないのか・・・」

私の足元を見て、同僚がけげんそうに聞いた。

「ああ、まだ少し痛みはあるが・・・・・」

実際、処方された錠剤を飲んで、ほとんど痛みは消えていた。

一体あの時の悪夢は、何処へいった・・・。

 

ビルの谷間がオレンジ色に輝く頃、疲れも出てか、

薬指付け根の裏側当たりがしくしく疼いた。

それでも仕事が終われば、その日の締めくくりに同僚と酒を飲んだ。

手羽先開きの塩焼きとイカ納豆で飲むビールは最高の褒美だった。

酒が入れば、多少の痛みなど忘れてしまう。

まさに『 喉元過ぎれば・・・』であった。

また、はっきりとした痛みがあれば、

例の錠剤は 魔法のようによく効いた。

 

― 続きは今度。よかったらまた読んで下さい。

夕暮れ 時・・・ 

                 我が街の夕暮れ時 

 

スポンサーサイト

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 16:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    links

    「アンダンテ」で ウオーキング を スタート!

    「 ドクター アッシー 」 で ウォーキング を スタート!

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM