『痛風二十二年物語』二十三話

  • 2015.12.12 Saturday
  • 16:18
『痛風二十二年物語』二十三話

歩行車をつかって歩き出す

 

5/25 (月曜日) 

四本脚の先端にキャスターの付いた歩行車で、

トイレの行き来が始まった頃、あの忌々しい 尿道カテーテルも 外れたんだ。

入院から十一日経っていた。

歩けなかったのだから仕方ないが、

看護師に下の面倒を見てもらわねばならず、これがとても情けなかった。

 

歩行車の扱いも、最初はかなり難儀だった。

間に合いそうもない時は 尿瓶を使った。

歩行車はベットの横に常備した。

まずベットに腰かけ、

両足を床に下ろし、スリッパを履くことから始まった。

今までほとんど 横になっていたため、両足の筋肉はすり落ち、かなり細くなっていた。

足裏やひざ関節、肩関節や腕にかけ、極端な痛みは無くなったが、

歩行車をたぐり寄せ、この蹄鉄型の肘受け部分を握り、バランスを取りながら、
下ろした両足裏にゆっくり体重をかけ、

この中へ身体をもっていくまでが、

あちこちに痛みが走って、冷や汗をかいた。

そして、この肘受け部分に両腕をかけて握り、

上体をまえかがみに 任せるようにして、立つのである。

そして、両足を少しずつ動かす。

歩行はすり足だったが、体重が全てかかるわけでなく、

痛みはわずかだった。

こうして、そろりそろりと・・・。

 

トイレには、ここかしこに、十分な手すりが 付いていた

歩行車から手すりに身体を預け、やっとの思いで用を足す。

 

洗面台の鏡に、ずいぶん痩せこけた男が弱弱しく映っていた

― 続きは今度。よかったらまた読んで下さい。―
 

どんどん 歩けるように なるから ・・・ サア! 

 ハンデ ウォーキングを スタート しよ う !

http://ameblo.jp/22nen-story/
 

街角 の ブーケ 
                街角のブーケ

スポンサーサイト

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 16:18
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    links

    「アンダンテ」で ウオーキング を スタート!

    「 ドクター アッシー 」 で ウォーキング を スタート!

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM