『痛風二十二年物語』二十二話

  • 2015.10.04 Sunday
  • 17:16
JUGEMテーマ:こころ
 

『痛風二十二年物語』二十二話

家内は太いおさげの女学生

 

5/15 (金曜日) 

私のウォーキングコースは、山あり坂ありだが、

その中盤、横浜駅西口へ真直ぐ下る国道にでる。

その下り坂の途中に、ある女学校の正門があるんだ。

四時頃ともなると、濃紺のハイソックスに制服姿の生徒たちが、

幾つもの群れを作って門を下り、

歩道を西口へ向かって下校が始まる。

ガヤガヤ、サワサワ・・・

みんな色々をお喋りしながら、笑顔がたえない。

 

実は、遠い遠い昔、今から四十五年前、

この群れの中に、私の家内がいたんだよ。

太いおさげに、くっきり笑窪

太めの眉毛に円らな瞳。少々おやせだが、

とても美しい女学生だった。

今、彼女達を横目に、家内の遠いその頃を思い浮かべながら、

ウォーキングしていると、楽しかった。

 

ウォーキングは、こうしたことも要素にいれた、

コース選択が面白いし、飽きないのではないだろうか。

家内の実家は 川崎だったが、横浜のこの女学校へ通っていたのも、

何かの縁があったのだろう。

体力に合ったコース取りが、たまたま家内が通った母校の正門前を

通過するルートになっていた。

 

遠い遠い昔、誰も知らないその風景の中に、

家内の声を 聞いた・・・。

 

― 続きは今度。よかったらまた読んで下さい。―
             

        街角 の ブーケ
                                                                           街角 の ブーケ
 

スポンサーサイト

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 17:16
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    profile

    links

    「アンダンテ」で ウオーキング を スタート!

    「 ドクター アッシー 」 で ウォーキング を スタート!

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM