『 痛風二十二年物語 』 二話

  • 2014.02.05 Wednesday
  • 02:20
『痛風二十二年物語』二話
“もったいないから伝えよう!”

1/18(土曜日)
なんでこんなことを、ブログに書く気になったか?
この病気はね、老若男女だれもがかかることのできる生活習慣病だから、みんな知っておいた方が
いいしね。二十二年間の付き合いは、その辺に転がってる話じゃないから。

そっとしておいたら、もったいないなって気になった。

医者には分からない痛風の本当を話そうってね。それに最近、この予備軍が六十万人いて、

ますます増えるって。それなりに役に立つでしょ。
ジョン・コルトレーンの「セイ・イツ」知ってるかな。高校生のころ野下のダウンビートていう
ジャズ喫茶があってね、アルテックを前に良くリクエストした。

今、これを聞きながら書いてる。あの頃が懐かしいね。

話を戻そうか。

あの九月の暑かった日のことだけどね。這いずってトイレで用を足して、這いずって部屋へ戻ろうとしたんだが、難関は階段だった。足が痛くて立てないから段々にお尻を乗せて、
痛む両の腕に頼って一段ずつ脂汗かいて全力で這い登ろうとした。
その瞬間、限界がきてね、痛さで気を失ったんだよ。
その時、下にたまたま息子がいてね、気絶して階段から転げ落ちようとするこの身を
支えてくれたようだ。

息子が「すごいいびきかいてる」、ママが「救急車!」、何処か遠くでそんな声が聞こえたよ。
ふと気がつくと、耳元でピーポー、ピーポーって聞こえてね。揺れていてね。
それは自分が乗せられた救急車だと分かった。
トレイに寝かされ胸元はベルトで固定され、点滴と酸素吸入器がかけられていたような。
何やら足元に家内がいて救急隊員さんの話声がしてたが、寝ってしまったよ。

― 続きは今度だ。よかったらまた読んで下さい。―   

profile

links

「アンダンテ」で ウオーキング を スタート!

「 ドクター アッシー 」 で ウォーキング を スタート!

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM