『 痛風二十二年物語 』 三話

  • 2014.02.17 Monday
  • 19:45

『痛風二十二年物語』三話
“入院させてくれないの?!”


1/23(木曜日)
鶴見の国道沿いにある総合病院で頭のレントゲンを撮ったようだ。
頭部CT検査てやつだ。脳内出血の疑いからだ。
気がつくと、カーテンで仕切られた救急患者の控室みたいなところで、点滴され寝かされていた。
何やらまわりが騒がしく、同僚がいるようだった。

少し寒くなって家内に言うと、どこからか毛布借りてきてかけてくれた。暖かだった。
どうやら寝ている間に、CT検査をやったらしく結果がでるということだった。
そして準備が出来次第、看護婦がきて病室へ移動すのかと考えていたんだ。
こうまでならなきゃ、入院できない病気かとも思ったよ。
家内の気持ちも察するに容易だった。申し訳なかった。
この時、痛風真っ只中の私の体格は、

身長百七十四センチ、体重八十一キロだった。言わば「メタボ」というやつだった。

しばらくして、「小林さん、どうですか?」って声がかかった。
カーテンが開いて、先生が看護婦連れてやってきた。
身体は痛いが今は落ち着いた気分であることを伝えた。
「CTの結果ですが、どこも悪いところは無いようですね。
極度の緊張で一時的に貧血を起こされたんでしょう。引き続き痛風の治療は続けて下さいね。」

看護婦が笑ったように見えた。
様子見て、会計を済ませ、帰ってもいいということだった。
入院させてくれないんだ。家内が唖然としていた。家内にしてみれば、頑固な私が、
やっと病院で治療に専念してもらえる。これで良かったと、思っていたはずだ。
私も切っ掛けが出来て良かったと。
中村雅俊の「ただお前がいい」知ってるかな。
妻の顔を見てこの歌が浮かんだ。

「ただお前がいい、わずらわしさに投げた小石の、放物線の軌跡の上で・・・

このあと、救急の入口ロビーにある会計前のソファに二人腰掛け、タクシーを待ったんだ。
午後四時を回っていたが、陽はまだ高くまだまだ暑かった。

― 続きは今度だ。よかったらまた読んで下さい。―

夕暮れ 時・・・
                                                                          
                                                                                                夕暮れ 時でした ・・・


 

profile

links

「アンダンテ」で ウオーキング を スタート!

「 ドクター アッシー 」 で ウォーキング を スタート!

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM