『 痛風二十二年物語 』 四話

  • 2014.02.25 Tuesday
  • 03:22
JUGEMテーマ:こころ
『痛風二十二年物語』四話
“桜の木の寿命は人間がきめる?!”

1/24 (金曜日)

今日は、この話しより喋りたいことが起きたよ。
サラリーマン時代、我が家の前まで帰ってくると、立ち止まってね、
上の公園の斜面にある“桜の木”に向って、
「おい!今日も一日無事終わったよ。ご苦労さん。」て呟いて、
深呼吸を一回するのが、あんがい習慣だった。 春夏秋冬、晴れの日も雨の日もね。

満開のころ満開のころ
満開の頃

この日の朝、我が家の外でチェーンソウの音が聞こえたんだ。
騒がしいので窓からのぞくと、なんと我が桜さんが丸坊主にされてるじゃないか。
茫然自失。ふと我に返って外に飛び出した。
すると我家の目の前の道路は通行止めにされ、大型のバケット車が固定され、
止められていた。高く伸びたタワーバケットの中でヘルメットを被った男が二人、
チェーンソウで枝を詰めている。
見上げていて武者ぶるいがしてね。怒りがこみ上げて来てね。
相手違いとは思ったが、そこにいたガードマンに半ば食ってかかった。
どんな思いでこの桜の存在があったか、私だけでなく近所の住民は皆同じだろう。
生まれながらに私を見てくれて、私がつぶやく相手にまで成長してくれた我が桜の木だ。
とそこに、ヘルメットを被った作業服姿の小柄な女性がきてね。
ピョコンと頭を下げた。
通行止めの表示板に、この事業の現場責任者と公園監察官の氏名が書かれてあったが、
監察官の名前が女性名だったので、ピンときた。
「あんたが○○さんかい?」って訊ねると「そうです。」と反ってきた。
しばらく沈黙した。チェーンソウの音が辺りに響いた。
「これを切った後、どうするんだい。」
倒木の恐れがあるから伐採することぐらいは理解している。
しかし、切った後どうするのかを、あえて聞きたかった。
と言いながらも、この人が専門家であることも頭に浮かんだ。
切りたくて切らせてるんじゃないだろう。専門家なら木の痛みも分かるだろう。
私以上にそうした思いは強いのではないだろうか。そんなことが頭をよぎった。
そう考えた時、冷静になれたんだ。
それから小一時間、彼女と語り合い、分かりあえ、心の整理が出来たんだよ。
何を話したか? 一言でいえば、立場をこえてこの木のために優しい話ができたってことだ。
おやおや、話がとんだ横道にそれてしまった。

― 続きは今度だ。よかったらまた読んで下さい。―
続きを読む >>

profile

links

「アンダンテ」で ウオーキング を スタート!

「 ドクター アッシー 」 で ウォーキング を スタート!

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM